2009.11.29(日)

価格破壊

SA380143.jpg

円高差益によるものではないはず。
これがデフレか?

2009.11.24(火)

大塚におこしの際は

SA380137.jpg

世界飯店へどうぞ。
焼鴨丼、中華粥、フォー、髪菜炒めなど、
色とりどりの世界飯が貴方を待ってます。

写真のマスコットガールも
片言の日本語で出迎えてくれますよ。

実はほんとにうまかったんです。

2009.11.21(土)

謎の食べ物発見

SA380218001.jpg

富士川サービスエリアにて
ちくわパン

感想は?

「う〜ん、うまいかも」

2009.09.26(土)

お疲れさま

SA380207.jpg

球団の象徴でもあった二人の漢がグラウンドを去る。
お別れを言いに名古屋ドームへ。

普段ならたまらない試合展開に、はしゃぎながらも寂しさがこみ上げてくる。

立浪和義選手

井上一樹選手

有り難う。お疲れさまでした。

クラシックユニフォーム、かっちょええ。

2009.09.16(水)

知恵

SA380115.jpg

というほど偉くない。

お気に入りのキムチ屋さんで、
わざと酸っぱいキムチを買ってくる。
韓国人のおばちゃんもおすすめだ。

俺は酸っぱいキムチが好きなのだ。

そして食べる。

う、うまい!

しかしこの幸せは永くは続かない。
今のベストな酸っぱさは、乳酸菌の営みによって次第にマニアックな旨味へと変化してしまう。
度が過ぎれば我々の口に全くあわなくなってしまう可能性をも秘めている。

さぁそこで登場するのがジプロックだ!

乳酸菌は好気性の細菌であるからして、空気の少ないところではその営み、つまり発酵が抑制される。

ジプロックに封じ込めること、さらには冷蔵することによって、今のベストな味わいを変化させることなく永く楽しめるのだ。

ただ、旨い話には落とし穴があるのが世の常。

このジプロックは今後キムチ以外入れることは出来ないだろう。

2009.08.15(土)

帰郷中

SA380107.jpg

とっても可愛らしいカフェフ発見。

みにまむすにぴったりなカフェフだなぁ。

2009.07.20(月)

な〜か〜う〜

SA380092002.jpg

はい正解。

一才の歳の違いはここまで人を衰えさせるのかと
考えさせられた連休終わりでした。

2009.07.20(月)

健忘

SA380092001.jpg

なか卯の名前がどうしても思い出せないグッチ。

誰か電話して教えてあげて。
俺は言わない。

2009.07.20(月)

西荻窪にて

SA380092.jpg

お気に入りのソーセージを買い込む。

近所に欲しい店だ。

三連休のまるっと三分の一を移動に費やしたが満足です。

ガンダムも見れたし。

2009.07.14(火)

痒いところに手が届く

SA380090.jpg

ショピン野々歩に教えてもらった石鹸置き。

なんてことないのに凄くしっくりくる。

多分出会うべくして出会ったんだろう。

  • ひとことカレンダー

    2021年8月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • メンバー

  • ひとことアーカイブ

ページトップへ