2013.01.19(土)

音楽と演劇の年賀状展にお越しの方もありがとうござりました。

P1143258

14日は梅田のOZC GALLERYで投げ銭ライブでした。

コタツを囲んでの不思議空間ライブでしたが、

P1143251

お越しいただいた皆さんありがとうございました。

今年のみにまむ年賀状はこんなのでした↓

年賀状

たくさんの年賀状がありましたが、「ザッハトルテ」のヨース毛の年賀状が秀逸でしたね。

 

2013.01.19(土)

みにまむエキスプレスのご乗車、誠にありがとうございました。

今回で第三回目を迎えた「みにまむエキスプレス
天王寺駅前駅から浜寺公園を経由して天王寺駅前駅に舞い戻る。
二時間ちょっとのショートトリップ。
「おみくじ付き駅弁」を作ってくれた「き多や」のパン。
かわいらしいパッケージまで作ってもらっちゃいました。いつもありがとう。
P1133022
今年はあんぱんとカレーぱんとお菓子付き。
P1133032
こいつをいただきながら、ちょうど天王寺交差点で信号待ちする
暴走族の
スクリーンショット(2013-01-19 1.38.36)
ゴットファーザーのテーマに見送られて出発進行!
チンチン電車に揺られてライブをしながら沿道の人たちに
手を振ったり、お客さんはビールやなんやを飲みだしたり、
子供がさっそくひと眠りしたり。
P1133093
おのおの好きなスタイルで
「みにまむす」を楽しんでいただけたようです。
途中、今年は本厄のヒデオバンジョーの弦が切れたり、
P1133062
ザビエル公園から「千と千尋の神隠し」のカオナシが現れたり、
P1133078
折り返し地点を発車した「みにまむエキスプレス」をたまたま追いかけるように併走するジョギングおじさんがいたり。
とても屈辱的な罰ゲームと優勝チームには豪華副賞が待っていた「阪堺縦断ウルトラクイズ」、
P1133122
操車場でのグラビア撮影会、
P1133141
P1133151
なにわのシャンゼリゼ通りと呼ばれる阿倍野筋に差し掛かり大合唱で大団円まで、
P1133190
P1133162
P1133117
なんと愉快でアっというまの二時間だったのでしょう。
やはり、ライブ初めは「みにまむエキスプレス」にかぎる!と、
思ったのでした。今年は他にも乗り物ライブができたらいいなァ〜。

2013.01.15(火)

三連休の過ごしかた。

新年会や戎さん、

20130115-010844.jpg

大原大次郎くんの個展「もじゅうりょく展」。

P112300420130115-010951.jpg

securedownload

ヒデオくんなど知り合いが山盛り出演のお芝居コント観劇。そしてライブが二本。
楽しすぎてほとんど写真も撮れなかった週末でした。
今年もエエすべり出しではないでしょか?

2013.01.15(火)

みにまむすホームページが新しくなったよーっ

2013年も始まりまして、今年は「みにまむす」十周年らしいっす。
だからってワケでもないですが、今年も、あちこち行きまっせ〜。やりまっせ〜。4649ね。

20130115-003940.jpg

2012.12.16(日)

みにまむエキスプレスの予約は定員に達しました。

ありがとう-thumb-320x240-1196

1月13日の「みにまむエキスプレス」はおかげさまで、
本日、予定の定員に達しました。
「みにまむエキスプレス」は一年に一度の行事ですが、
2013年は、たくさんのオモシロ企画がメジロオシですので、
乞うご期待。
たくさんのご応募ありがとうございました。

2012.11.09(金)

今週末は東京、世田谷ものづくり学校です

今週末は東京、世田谷ものづくり学校です
今週末は東京、世田谷ものづくり学校です

土曜日に東京初上陸の工作ワークショップ
「貼り切ってまいりまSHOW」を引っさげて
みにまむすで世田谷ものづくり学校に現れます。
お時間ある方は大人も子ども遊びにいらっしいまし。

【IID主催】11月GO SLOW ゆっくりとライブ:みにまむす

イベント開催日時
11月10日 (土) 19時45分 ~ 11月10日 (土) 21時45分

参加費
2,000円+1drink order(500yen)

主催
IID 世田谷ものづくり学校

申し込み
お申し込み方法 IID 事務局contact@r-school.net宛てに「参加者の氏名」「参加人数」をご記入のうえメールでお申し込みください。 ※当日直接入場できますが、ご予約されることをおすすめします。

2012.10.24(水)

10月は、めまぐるし。っちょいと北九州ヘ

毎年のことながら、10月はやけに忙しく過ぎてゆくので
どうしても、ひとことをおいてきぼりにしてしまいがちだ。
書かなければ忘れてしまうので、今年こそはしっかりと
書き留めよう。

先々週、北九州は炭坑の街、田川後藤寺に行ってきた。
目的は98歳で他界した、おばあさんの法要だったのだけど、
少しゆっくりできたので、田川を散策してきた。

田川は炭坑節発生の地で、二本のレンガで出来た巨大煙突と

IMG_3729-thumb-320x426-1178

石炭を採掘する巨大掘削機が、どーんと鎮座する炭坑歴史博物館がある。

IMG_3734-thumb-320x426-1180

そこへ見学に行く途中、タクシーからみえた「香春岳」に、まず驚いた。

不思議な光景だった。山が半分、平らになっていて山頂がない。

IMG_3739-thumb-320x320-1182

運転手さんに尋ねると、
セメントの原料の石灰が採れるので、どんどん削られて、今では
手前の山だけ半分の高さになってしまったらしい。
「ここからの景色を小学校の頃に写生会で描きましたけど、
当時は手前の山だけ描けばよかったんですよ。
後ろの二の岳、三の岳は見えなかったんです。
今の子は、山を三つも描かないといけないから、たいへんですね。
ハッハッハ~」
と、教えてくれた。山が一つなくなるって、スケールのデカい話しだな~

そして、博物館へ。実際に炭坑で使われていた重機や道具が所狭しと
並べられており。採掘のようすは、実物大の再現模型でそうとう重労働
だったことがよくわかった。男も女も暑さのため、裸同然の格好で働いたらしい。

IMG_3740-thumb-320x320-1184

日本の暮らしを陰でささえた炭坑夫たちの生活した住居の展示もあり、
明治から昭和初期の時代別の社宅がみれた。
時代が進むにつれ、少しずつ、個人の生活道具が増えていく、
しかし、昭和の初期でもほとんどの道具や施設は共同だったようだ。

IMG_3728-thumb-320x426-1186

まだまだ物の少ない時代だったのだね。

その後、炭坑で栄えた田川は、娯楽が充実してゆき、昭和30年代には、
田川の街だけで、映画館が30軒ほどあったらしい。
当時の劇場の看板絵を手がけていた絵師が、写真をたくさん残していて、
博物館の一角にそれらの写真と映写室の様子が展示されていた。

手描きされた映画の看板や、きらびやかな装飾に囲まれた
映画館に大勢の人が集まった写真や、銀幕のスター本人が舞台あいさつに訪れ、
パレードさながらに盛り上がっている写真。当時は映画をただ鑑賞するだけでなく
ワクワク感が向上するための演出が劇場の外から随所に散りばめられていたようだ。
現代の「映画館で本編を観てハイ、終わり」ではない、
一本の映画で骨をしゃぶり尽くすほど楽しむ。きっと心に残る映画って、
作品の善し悪しよりも、それに付随するプロセスが込みの感動だと思うし、
これが娯楽の楽しみ方であり、楽しむコツなのだとあらためて思ったのでした。
まさか、炭坑の博物館で娯楽について学ぶとは。

現在は炭坑も閉山して、映画館も残っていなかったけど、街中になごりは
見ることができましたよ。

_-thumb-320x240-1188

2012.10.04(木)

派手な結婚パーチーと、台風の野外ライブ。

派手な結婚パーチーと、台風の野外ライブ。
派手な結婚パーチーと、台風の野外ライブ。
派手な結婚パーチーと、台風の野外ライブ。
派手な結婚パーチーと、台風の野外ライブ。
派手な結婚パーチーと、台風の野外ライブ。

先週末の土曜日は、みにまむすで結婚パーチーに参加してきました。

パーチーのドレスコードは「派手」。
新郎新婦も列席者も、大屋政子なみに派手ないでたちで、
ワイワイと極彩色なパーチーで盛り上がったのでした。

みにまむすは芸風が賑やかなので、ドレスコードは勝手にクリア
出来ていたようですが、今後、ドレスコードが
「厳粛」や「しめやか」なんてパーチーがあったら我々は
どうしたらいいのでしょうかね?
あっ、そんなパーチーに、我々は呼ばれないか。
同じパーチーで、チンドン屋の「華乃屋」ともセッションできて楽しかったなぁ~。
アツシ君、リサさん、おめでとう!末長くお幸せにっ。

そして、日曜は台風直撃の服部緑地野音にて、「レインボーヒル」に参戦。

去年は開催中に停電。今年はのんびりやれるかと思っていたが、
開催中に台風通過。
二年連続てアクシデントに見舞われた「レインボーヒル」
だけど、お客さんもスタッフも根性が半端なく、
台風上等と、ビショビショに濡れそぼりながら、
台風を込みでイベントを楽しみ、トリのバンド「パスカルズ」を
みにまむすが呼び込んだ直後、雨が上がって、感動的な大団円を迎えたのでした。

やまない雨はないけども、台風に打ち勝ったご褒美だったのでしょう。
何かあるね、レインボーヒル。来年は開催中に隕石でも落ちるのではなかろうか。

2012.09.29(土)

みにまむ録音ツアーとミクロムス。

みにまむ録音ツアーとミクロムス。
みにまむ録音ツアーとミクロムス。
みにまむ録音ツアーとミクロムス。
みにまむ録音ツアーとミクロムス。
みにまむ録音ツアーとミクロムス。

この前の日曜。ギリギリ雨も上がり、やってきました
みにまむす録音の旅。

前日にロケハンした、公園、川べり、道路下の三カ所に
みにまむす四人、録音係のDrニシヒラ、カメラマンの佐伯慎亮と、
大のおとな六人で、すし詰め状態のキュービックで乗り付けては
その場に合った曲をかき鳴らす。

やはり普段から、雑踏の中ガチャガチャと演奏する我々の音楽は
静まりかえったスタジオよりも
にぎやかな喧騒の中、好き勝手に動きまわりながら
録音するスタイルが性に合うようです。
この調子で録音が進めば、色んな響きのするアルバムができちゃう予感。

その後、夕方からはリョウと別れて、南船場の「A769キッチン」という
お食事処でミクロムスライブ。対バンは先日、美人と結婚をはたした
Mr.撫で肩こと「ハマケン」のトリオNEWDAY。
久しぶりの再開だが、いつも通りの対応と、新婚のお祝いに
大阪名物。新婚宅には欠かせない、玄関先の置物
「YES/NO レンガ」を贈答したのでした。
「A769キッチン」でのイベントもオムライスも上々だったので
また、お邪魔したいモノです。

みにまむす、と、ミクロムス。一日に二度楽しんだ日曜日でした。

2012.09.23(日)

さぁ、どんな音が録れるかな?

さぁ、どんな音が録れるかな?
さぁ、どんな音が録れるかな?

みにまむすは、レコーディングの旅に出ているのです。

どこでもいつでも演れるスタイルを
アルバムにも活かすため、
スタジオ以外での録音作戦を遂行中。
まずは何処で録ろうか、場所探し。

大和川にロケハンに来たら、小学生が泳いでました。
向こう岸まで歩いて渡れるそうです。
無邪気すぎるがエネルギッシュだわ。

3 / 3112345...最後 »
  • ひとことカレンダー

    2021年8月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • メンバー

  • ひとことアーカイブ

ページトップへ